効果を検証する。

広報は、ひとたび情報発信したら終わりではありません。ネット広告のように、正確に効果測定できるものばかりではありませんが、反響の有無やお客さまの声を通じて、情報発信の効果を検証する必要があります。計画・実行・検証を繰り返し、徐々に精度を高めていき、その成果が、次の広報プランに活かされます。継続的な広報は、会社や商品の認知度を高め、やがてブランドの確立に寄与します。